気ままにろっくんろ~る!

写真、音楽、映画のひとり言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もうひとつの・・・


    毎週楽しみにしてるのが ネプ&イモトの世界番付

    この番組でとても素晴らしき曲が出来上がりました

    特に歌詞が凄くいい!!猛烈に感激した (T_T)

    やっぱり音楽って・・・・いいなぁ(^-^) 

 
    もうひとつの We Are The World・・・・ぜひ聴いてみて下さい (^^)


 


       
スポンサーサイト
  1. 2012/08/09(木) 17:34:33|
  2. 音楽

一粒で3度おいしい・・・か、どうかは分からないけど

     秋田弁には3つの意味を使い分けられる たった一文字のひらがながあるんです

    

     それは・・・≪ け ≫



     「こさけ!」→「こっちに来い」

     「これけ!」→「これ食べな」

     「背中け」→「背中かゆい」

     (『毛』はそのまんまなんでこの際除外いたします)




     それとは関係ありませんが 平井堅が歌ってヒットした「大きな古時計」

     これの秋田弁バージョンがあるんです

     歌ってるのはここ由利本荘市出身の伊籐秀志さん(会った事はありませんが)

     現在は名古屋でDJをしてるとか・・・




     興味がありましたら 是非お聴き下さい

     平井堅のイメージぶち壊しの可能性大なので ファンの方は・・・かも・・・




 
     
     



     
  1. 2012/01/09(月) 23:07:29|
  2. 音楽
  3. | コメント:18

FOR YOUR LOVE

     明日はクリスマス・イヴ・・・って事は

     今日はクリスマス・アダムって事か・・・(去年もこれ言ったっけ?  まぁいっか)



     今年の10月に大好きなアーティストでもある柳ジョージさんが旅立ちました

     柳さんの事を多くは語りたくありません

     今日は柳さんの曲の中で 最も好きなバラードをお届けしたいと思います

     柳さんの優しさに触れるような『FOR YOUR LOVE』  歌詞が泣けます 




     
     
  1. 2011/12/23(金) 17:10:55|
  2. 音楽
  3. | コメント:14

VOCALIST

        以前 GUITARLISTの記事を書きましたが 今回は温めていたVOCALIST編です






       タイラーaミック

        ROCK界の大御所御両人   エアロスミスのスティーブン・タイラーとローリングストーンズのミック・ジャガー                         

 
        
        「リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?」なんてCMがありましたが

        この二人なら「リンゴ丸ごと一個口に入りますか?」だろうね

        口のでかさと歌の上手さは関係あるのかどうかは不明

       
        リヴa


         この美女はスティーブン・タイラーの娘、ハリウッド女優のリヴ・タイラー     DNAって面白い・・・




        プラント    ロジャース



         これまた大御所の(全部大御所なんだけどね)レッドツェッペリンのロバート・プラントとポール・ロジャース(Tシャツがキュート 笑)

         ポール・ロジャース、好きなんだよね~

         ロッカーは荒くれ者ってイメージもあると思うけど(当たってるヤツもいるけど)

         ロジャースさんは紳士。しかも、とっても優しそうな眼・・・こんな男になりたいもんです

         一時、ポール・ロジャース&クイーンとして活動してたけど、クイーンがボーカリストとして迎えたのではないみたいで

         実際、ライヴではフリーやバッドカンパニー時代の曲を歌ってた

         何より、フレディの歌っていた曲を壊さない用に歌っていたのは 彼らしい配慮なのかも・・・




         カヴァーデール



         ホワイトスネイクのデヴィッド・カバーデル   最も好きなボーカリスト

         この人、歳を重ねて行く都度、良くなって行くような気がしますね

         
         ロバート・プラント+ポール・ロジャース=デヴィッド・カバーデル そんな感じもしないではないけど、カバーデルさん、この二人を相当意識してると思われる(個人的見解だけどね)




         ポール1-2  シモンズ



          KISSはなんと言ってもポール・スタンレーとジーン・シモンズの強力なツインボーカル

          シンプルなアメリカン・ロックがベースなんだけど、ハードロックにエンターティメントを確立させた先駆者と言える・・・カモ

          なんせ、あのメイクにド派手なステージ衣装、ギターから火花が出るは、口から血糊がドボドボ出るは・・・初めて映像を見た時はアゴが外れそうになったもんね ^_^;




          オジー2   コッカー



           オジー・オズボーンとジョー・コッカー

           この二人の共通点は単に『アル中』って事だけなんだけど(笑)


           オジーの特筆すべき所はなんてったってギタリストの発掘だろうね

           彼の発掘したギタリストは 皆ロック界を代表するギタリストになってるんだから凄い


           ジョー・コッカーはカバー曲も多く、特にレイ・チャールズの「アンチェイン・マイ・ハート」は最高です



           ファーナー


            グランドファンクのマイク・ファーナーは今も現役バリバリ

            ハードロックは上半身裸、しかもマッチョ、汗だく、これが三原則であります(ははは)

            ちなみにグランドファンクの「アメリカンバンド」は携帯の着信音にしてます(サイコーだぜ!)



            シェリー



             トリは何故かランナウェイズのシェリー・カリー(ランナウェイズを知ってるってだけで歳がわかりそうなもんだけどね)

             
             当時は珍しかった女のバンドが、しかもこんな格好でTVで演奏をしてるってのが驚きだった

             ギターソロの時に彼女がマイクのコードを太腿にくるりと巻きつける所は

             当時ボウズ頭の少年だった自分には鼻血ブーだった  |ー ̄) フッ…



             今でもこんな格好が許されるのはマドンナとレディー・ガガぐらいでしょ



        
             まだまだ沢山いるんだけど、キリがないのでこの辺にしときます  m(_ _)m



             音楽は自分にとって、どんなサプリメントよりも元気の源であります(^-^)

           
         

        
  1. 2011/12/20(火) 22:35:25|
  2. 音楽

Dream Band

    寒い・・・また冬に逆戻りだ

   誰だ!?春近しなんて言った奴は!・・・・俺か・・・・(T_T)



   前回 独断と偏見で夢のバンドを編成したが 調子に乗って今回は第二弾

   今回は残念ながら 亡くなられた故人の方々で編成してみたい

   まさに 永遠に見られない これこそがDREAM BANDと言えよう・・・(興味の無い人 御免なさいねm(__)m)



ロニー ランディ

   Vo ロニー・ジェイムス・ディオ                         G ランディ・ローズ

philiplynott.jpg フレディー

  B フイル・ライノット                                Key フレディー・マーキュリー(笑)

ボンゾ コージー

  Dr ジョン・ボーナム                                 Dr コージー・パウエル


   ボーカルはこの人以外に考えられません リッチー・ブラックモアは良いボーカリストを発掘したと感激したもんです

   ロニーが主催して行われたハード・ロック版ウィアー・ザ・ワールド『ヒア・アンド・エイド』は凄かった

   総勢11名のギタリストによるソロには興奮しすぎて鼻血ブーだった^_^;

  
   ギタリストはやはりこの人 ランディー・ローズ

   アル中オジー・オズボーンのおっさんがジョージ・リンチを蹴落としてまでランディーを選んだのは興味深い

   オジーのおっさんはギタリストの発掘においては天才的で 数多くのギタリストを世に送り出している

   ランディーはまだ粗削りだったが 小柄な外見とは裏腹にワイルドなプレイで 早弾きでもメロディーラインが美しい (ジョージ・リンチやイングヴェイ・マルムスティーンも同様)

   彼が今も健在だったら ハード・ロック界を代表するギタリストになっていた事だろう・・・


   ベースのフィル・ライノット・・・この人ウマイです(プロにウマイですってのもなんだけど)

   ベースマンはライヴだとパフォーマンスに走ってちゃんと弾かない人もいるが この人はきっちり弾いてくれそうだし 何と言っても歌えるしね


   キーボーダーは全く思い付かなかった フレディーを選んだのは『ボヘミアン・ラプソディー』のピアノが好きだから の理由で・・・

   この人も勿論歌えるしね (あのカップ・ヌードルのCM どうなってんだろう?繋ぎ合わせたのだろうか・・・)



   ドラマーはボンゾとコージーのどっちかを選べってのは無理な話

   こうなったらツインドラムしかない  この二人がライヴでドンドコドンドコやったら こりゃ~~凄い事になるだろう

   この二人だけでも見る価値あり!




   書きながら興奮してしまって長くなっちまった(笑)


   本日お薦めの曲は 最近CMでもイントロが使われてる ヴァン・ヘイレンの『Ain't talkn' bout love』

   ヴァン・ヘイレンが登場した時は衝撃的だったなぁ~~






   
  1. 2011/03/05(土) 13:30:45|
  2. 音楽
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

ムーア

Author:ムーア
秋田県在住

好きな写真家  土門 拳
          丸林正則 他多数

好きな俳優   ロバート・デ・ニーロ
        アル・パチーノ
        岸谷吾朗  他多数

好きな音楽ジャンル  ロック系

特技(?)   笑えないギャグ

* 写真の無断使用、転用は固くお断りいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)
花 (186)
夕景 (20)
動物 (32)
風景 (74)
滝 (85)
寺 (4)
音楽 (42)
映画 (11)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。